Last Update 

2017年09月8日(金

  

2015年~2017年連続

全国実力薬局100選

「子宝」部門 受賞

↓↓↓クリックしてください↓↓↓

漢方体験.com

◆当店の「漢方体験談」が

  紹介されています!

   Since 2011.12

漢方相談@えん堂

TEL 046(874)6692

国際中医師による三浦半島(横須賀市・横浜市・三浦市・逗子市・鎌倉市・葉山町) にお住まいの方のための漢方専門店

   〈 営業案内 〉

火~金曜日 10:00~19:00

  土曜日 10:00~17:00

日・月・祝祭日      定休日

○京浜急行新大津駅

 徒歩3分!! 

※「新大津駅前郵便局」隣り

 

○お車でお越しの方は、

当店前の【大津グランド駐車場】が便利です

 ※地図はコチラ

 

各種クレジットカードを

ご利用いただけます。

気が向いたら更新中!

大自然野郎えんちゃん

◆こえん堂公式ツイッター◆

漢方よもや話・健康情報・こえん堂のお得情報 etc…こっそりとつぶやいています。

パンダ
QRコード
被災地支援

「漢方相談@こえん堂」は  皆様からの漢方講座参加費全額東日本大震災の被災地に寄付しております。 

三浦半島に行こう!

「睡眠」編

睡眠

そして、女性ホルモンが減少してきたときに、

その働きをしっかり助けてくれるホルモンがあります。

 

それが、「成長ホルモン」なんです。

子供の成長だけでなく、大人にとっても重要なホルモンなんです!

このホルモンは、骨格・筋肉をつくるのみならず、動脈硬化の予防、脂肪分解の促進、免疫力をあげる、傷ついた細胞を修復したりと、実に多彩な能力があるんです。

 

この「成長ホルモン」の分泌を促すために重要なのが、「睡眠」なんです。

それでは、どのような睡眠のとり方をすればいいのでしょうか?

 

店主がおススメしているのは主に以下の3つです。

 

 

 

(1) 夜10時~2時までの4時間がゴールデンタイムです!

     この時間は生長ホルモンが分泌しやすい“睡眠ゴールデンタイム”

     でも、この時代、夜10時になんてなかなか就寝できないですよね。

     少なくとも「その日のうち」には就寝してくださいとお願いしています。

 

(2) 就寝前の2時間はな~んにも食べないでください!

     お腹に何か入っていると、睡眠の質が落ちてしまいます。

     インスリンが上昇するため、成長ホルモンの分泌も低下するんです。

 

(3) 就寝前の1~2時間は自分のリラックスタイムに!

     この時間だけは昼間のストレスを忘れて、

     できるかぎりのんびり過ごしてくださいね。

     睡眠の質をupするのにとっても効果的ですよ。

 

 

 

まずはこの3つをできるかぎり心掛けてみてはいかがでしょうか?

きっと、ココロとカラダが少しずつ若返ってくるでしょう!

 

それでも「まだまだ」という方は、ほんの少しだけ「漢方」の力を借りてみてはどうでしょうか?

 

どうぞこちらをご覧ください!  →→→ 「漢方」編 

 

 

 

ご予約・お問い合わせは・・・

TEL046-874-6692◆漢方相談@こえん堂◆


プライバシーポリシー | サイトマップ